はいたい!ぐすーよちゅうがなびら?ステファニーです。

沖縄はまだまだ海日和のシーズンが続いていますが、
皆さんのお住まいの地域はそろそろ秋の気配訪れていますか?

さて今日は、娘さんに誘われダイビングのライセンス講習に
参加してくださった母娘さんの様子をご紹介します。
やる気いっぱい積極的に修得していく娘さん、一方で付き添いで来られたお母様のA子さんは
「水着を着るのが20年ぶり。海に入るのはもっと久しぶりなのに、いきなりダイビングなんて...」
そんな不安が拭えない様子でした。

ベテランインストラクターはそんな気持ちを敏感に察します。
そうですよね。初めて使う器材で初めて海に潜っていくのだから怖いのがあたり前です。
どんな些細な事でも講習生がOK!と思えるまで1つ1つの工程に時間をかけ、
最後まで付き合わせていただくのがアイランドブリーズインストラクターのウリです。
「焦らなくていいんです。OKだと思えるまで私たちはいくらでもゆっくりじっくりつきあります。」
と言葉をかけながら、目を離さず状況を見守ります。少しずつ水に慣れてきて、
力強く「OK」のサインを出してくれるまで講習中、何度も繰り返します。
マニュアル的な段取りを超え、1人1人の心・技・体にあわせカスタムメイドに進めていく講習と、
ライセンスとは一見関係ない事でもダイバーとして大切な事(マナーやメンタル)を身につけていく講習、
それがアイランドブリーズのこだわりであり、良いダイバーが巣立っていく理由なんです。
見事、母娘揃って合格!お母様のA子さんは、ライセンスを取りたいと言い出した娘さん以上に、
キャピキャピと喜ばれ、後日とても丁寧なお礼のメッセージをくださいました。
つくづく、ダイビングを楽しむのに年齢って関係ないんですよね。
親子の、素晴らしいダイビングの思い出がたくさん増えていきますように。