スキンダイビングとは?

スキンダイビング特集 

今人気の「スキンダイビング(素潜り)」ってなに?  

わかりやすいところでは、土屋アンナさんがテレビ番組で海の生物を捕獲する際に披露するあの華麗な潜りが『スキンダイビング』です。  

 とても優雅で美しく、簡単に潜っているように見えますが、実はテクニックやトレーニングが必要です。

もちろん、海の生物を捕獲する目的だけで行なわれるものではありません。むしろ海中を楽しむレクリエーションとしてのスキンダイビングが一般的です。シュノーケリングから一歩踏み出し、より深く海を楽しみたい人や、気軽に潜りを楽しみたいダイバーにも人気です。

世界的に注目されている二木あいさんは、フリーダイビング、ギネス保持者、水中表現家としても有名ですね。フリーダイビングはスキンダイビングと同じようなスタイルで潜りますが、競技としての要素が高いです。器材を背負わないダイビングテクニックで、あの、ありのままの素晴らしい水中世界が体験できるようになります。

スキンダイビングの魅力は?

スキンダイビングの魅力

スクーバダイビングのような呼吸用器材も、浮力のあるジャケットも身に着けず、水中マスクとスノーケル、フィン(足ひれ)だけを装着し自力で潜るため、手軽で自由が効くというメリットがあります。

さらに空気タンクを使用した呼吸音などで、魚を驚かせたり逃がしたりすることがないため、ぐっと海の生物に近づき、戯れ、一緒になって泳げることがスキンダイビングの一番の魅力です。
 

こんな時こそ使えるスキンダイビングのテクニック!

こんな時こそ使えるスキンダイビングのテクニックダイビングポイントの船上で、海ガメイルカの群れを見つけたとしたら?スクーバで潜ろうとすると、器材のセットや装着の間に見逃したり見失ったりしがちですが、スキンダイビングのテクニックがあれば、さっと海へ飛び込み一緒に遊ぶことを可能にしてくれます。
 
海ガメは水上で呼吸して、海の中では息をこらえていると言われているので、お互い、時々浮上して呼吸しながら、一緒に遊べそうですね。
 
「スキン上手にダイビング下手なし」
スキンダイビングの技術を高めることは、スクーバダイビングのテクニックをあげることにもつながります。フィンキックをはじめとする、水中での無駄のない身のこなしを覚えることもできます。
 
ダイバーも、まだ海に潜ったことがない人もぜひ挑戦してみて、ディズニーアニメ「アリエル」みたいに海中を楽しみましょう!
 
 
 ご予約・お問合せ直通ダイヤル:090-6860-9585 お問合せ | ご予約 

スキンダイビングが上手くなる練習法

スキンダイビングのコツ・練習法 

水面に浮かんで海の中を観察するスノーケリングと違い、スキンダイビングは積極的に海へ潜って遊びます。楽しさも増しますが同時にコツを知らないと潜るのに苦労したり、潜れたとしても息がなかなか続きません。

そこでスキンダイビングの各コースでは、安全に効率的にスキンダイビングするための実践法をレクチャーします!
 

▼スキンダイビングはココがポイント

POINT1
垂直に水へ入っていく

POINT2

目線は目標物から離すな! 
 
スキンダイビングコース 
安全に効率良く潜るためのレッスンを行ないます。
初めての方は特に、実績豊富なインストラクターの指導のもと、
実践することが上達の近道!そして安全です。
 
もっと深く知りたい!もっとうまくなりたい!という方はぜひ
PADIの国際ライセンス取得コースに挑戦してみてください。
 

スキンダイバーライセンスコースでの練習

1. 手助けなしに、スキンダイビング器材の組み立て、調整、準備、装着、取り外しを行なう。
2. バディとプレダイブ・セーフティチェックを行なう。
3. 状況に合った方法を使って、適切なエントリーとエキジットをデモンストレーションする。
4. 水面で適正ウエイトに調整する。(必要に応じて、ウエイトシステムを使う。)
5. 水を飲まない様に気道をコントロールしながらスノーケルで呼吸する。
6. 水面でBCDにオーラルで空気を入れた後、完全に空気を抜く。
7. 水面では、常にバディから3メートルの範囲内にいる。
8. 足がつかない深さの場所で、スノーケルを使って泳ぐ。
9. 足がつかない深さの場所で、水面から垂直にヘッドファーストで潜る。
10. 一呼吸で水中を15m以上泳ぐ。
11. 周囲を確かめながら上を向いて、片手を上に伸ばして浮上する。
12. 水面から顔を上げずにブラスト法でスノーケルをクリアし、スノーケルで呼吸を再開する。
13. 浮上し、水面に出たら水から顔を上げずにスノーケルをクリアする。ディスプレイスメント法やブラスト法を使う。
14. スノーケリングしながら方向をコントロールして、水面と水中を泳ぐ。
15. ウエイトベルトを装着している場合は、足がつかない深さで取り外した後、再び装着する。
16. 水面と水中で、ハンド・シグナルを使ってコミュニケーションする。

さらに、美しくかっこよく潜れるようにスキルアップしたいという方に、
次のスキンダイビングが上手くなる練習法(自主練法)も伝授します。
 
水底を歩く練習
フィンを使わずにダイブする練習
水底で止まる練習
ゴムボール拾いの練習
 
ダイバーの皆さんもノンダイバーの皆さんも、
手軽に水中へ潜れるスキンダイビングをぜひお楽しみくださいね。

 
 
。~ アイランドブリーズのスキンダイビングお勧めコース ~。

ボートスキンダイビング詳細へ
⇒初めて挑戦する方

PADIスキンダイバーライセンス取得コース詳細へ
⇒ダイバーや慣れてる方はPADIライセンス
 

 
 ご予約・お問合せ直通ダイヤル:090-6860-9585 お問合せ | ご予約