【大人のふたり旅】絆が深まる!ライセンス取得のススメ

 ダイビングのライセンスを夫婦でとりたいけど、自分が上手く出来なくて相手に迷惑をかけてしまったらどうしよう... せっかく2人で来た沖縄なのに別行動って少し寂しいな...こんな事を感じたことはないでしょうか? 講習の参加に踏み切れない方もいらっしゃるかもしれないですね。

しかし、せっかくダイビングのライセンスを取るならパートナーと講習に参加することをおすすめします。
なぜならば、相手を思いやりながら講習に取り組むことで、人にも自然にも、 思いやりをもった気遣いができるダイバーになることができるし、共通の趣味を持つことで、 パートナーとの楽しい時間も増えるからです。
 パートナーと一緒にライセンスを取ると 、 一人で講習をうけるより良い事がたくさんあります。

【キーポイント】
1.楽しい時間・水中での感動を二人で共有できる
2.バディを思いやる素敵なダイバーになれる


1.楽しい時間・水中での感動を二人で共有できる
リゾート旅行で別行動をするのも、リフレッシュになって良いですが、せっかくパートナーと旅行にきているのなら、 楽しい事時間を共有できれば一番素敵ですよね。
1人で講習を受けてその間パートナーは別行動...
せっかくならお二人で受講した方が確実に講習も旅行も楽しいものになります。
ダイビングはいままで体験したことがない様々な感覚や、見たことのない景色、水中生物との出会いがあります。
たくさんの感動をパートナーと共有できます。
講習やFUNダイビング後の皆さんの水中での思い出話をしている様子がとても楽しそうですよ。


2.バディを思いやる素敵なダイバーになれる
  講習は、1人で参加すれば自分のスキルに集中できるというメリットがあります。
しかし、レクリエーションダイビングはバディと共に計画を立て、安全管理をしながらダイビングの基本です。
ダイビングを始める最初の講習を、パートナーと受けることによって、 バディの様子を気にしながら水中を楽しむという事が最初から身につきます。
周囲を気にすることができるようにもなるので、トラブルに巻き込まれるという事も防止できます。
お互安全にダイビングが楽しめるようになります。
良い事はこれだけではありません。
水中のデリケートな生物や、年に1㎝しか成長できない珊瑚を傷つける事を回避できます。
自然にも優しいダイバーになれるんです!

  これは、実際に講習をしていて感じていることですが、講習の最初と後では一緒に講習を受けたお二人の信頼感がグっと上がったように 思う場面が多々あります。
講習中は誰もが苦戦するところは必ずあります。
それは実技でも学科でもいえることです。
今まで講習を受けた方みなさんが、お互いに励まし合いながら乗り越えていきました。
2人で乗り越えていくから達成感があり、講習内容もしっかり身に付きます。
自分がうまくいかないからと言って相手に迷惑なんてかからないし、迷惑なんて気っと思いません。
「大変だった講習」ではなく「大変だったけど楽しかった講習」になるでしょう。
2人の一生の思い出になるはずです。

1人で受講するよりも、2人でライセンスを取得した方が沖縄旅行の共通の思い出になるし、ダイビングをする楽しさも倍増します。
そして、パートナーの新たな一面を見つけた!なんてことも聞いたことがあります。
せっかくダイビングのライセンスを取るのなら、大切なパートナーと参加してみてはいかがでしょうか?